後遺症の定義

後遺症という病気はありません。
文字通り病気や怪我、事故など何らかが原因で治療後に、心身に多種多様な症状や痕跡が残ってしまったものを意味しています。
後に痕跡を残す原因は様々です。
交通事故、暴力行為、脳溢血、動脈硬化、認知症、打撲、中絶、虐待、ウイルス感染、性病、脳梗塞、糖尿病、腎炎、レーシック、蓄膿症など、後遺症を残す要因はたくさんあります。

はっきり体に表れるものもありますが、肩こりや頭痛のような形で体内からシグナルが送られる事もあります。
交通事故は人身事故ですから、注意していても避けられません。
近年は薬害による後遺症が話題になる事もあります。
代表的なものは覚醒剤ですが、治療薬によって引き起こされる二次障害も後遺症として残る場合もありますから、正しい治療を受ける事が重要です。
近年児童虐待も話題に上るようになりました。
大人の身勝手な対応により、児童の心身に重篤な後遺症を引き起こす事もあります。
こうしてみると、わたしたちの周辺はいつ何時何が起きてもおかしくない環境に囲まれている事がわかります。
肝心なのは、起きてしまった事をいつまでも嘆く事ではなく、その後の生活をいかに過ごすかという事です。
後遺症治療のためには長い入院を強いられますし、リハビリも必要になってきます。

その間に生活を難なく過ごすための対策を考えなければなりません。
本人だけではなく家族も巻き込む重要な問題です。
日本では健康保険や自動車保険など、生活をサポートするツールが様々用意されていますから、適所適材で活用していく事で難儀を乗り越える事ができます。
今回は後遺症の種類と対策についてのお話です。

≪Special Link≫
交通事故による後遺症の障害認定をフルサポートしている法律事務所のサイトです ⇒ 後遺症 交通事故

Copyright © 2014 後遺症の種類と対策 All Rights Reserved.